ペットの病気・気になる症状

【 ひふ 】 犬はげ ~ 耳のフチの毛が抜けてきました ~

 

 

こんにちは!獣医師の足立です。

先日はイデアプチジャンボリーに参加していただき

ありがとうございました!

 

プチと言いつつ、いろんなブースがあり

見どころがいっぱいでした。

 

 

私がその日一番印象に残っているのは

子供たちの笑顔でした(^^

 

楽しそうにスタンプラリーの寄生虫たちを探す姿

真剣にいのちの授業を聞く姿

不思議そうに動物を見る姿

全部が一生懸命で、

目がキラキラしていて

見てるだけでなんだか感動してしまいました。

 

 

 

———————————————-

 

 

 

今日はハゲはハゲでも

耳のフチがハゲてくる病気が

どんなものがあるかお話しようと思います。

 

日ごろ診察していると、

程度はそれぞれですが

耳のフチに症状がある子はわりといる印象です。

92801

 

 

 

 

【 どんな症状が出るの? 】

 

耳のフチだけ

毛がない

カサカサしている

ベトベトしている

スポスポ毛の束が抜ける

カサブタがびっしり

フチから内側へえぐれてきている

92802

(犬猫の皮膚科HPより)

 

 

 

 

【 原因はなに? 】

 

大きく分けて以下の原因が考えられます。

感染性

免疫介在性

腫瘍性

物理的刺激

 

 

 

【 どんな病気があるの? 】

 

● 感染性

細菌、皮膚糸状菌、ニキビダニ、疥癬

によるものがあります。

おもに皮膚検査で診断していきます。

92808

 

 

 

● 免疫介在性

いくつかの病気があります。

全身に症状がでるもの

耳のみ症状がでるもの

遺伝性、投薬によるもの

ワクチン後になるもの

冬のみなるもの

など様々です。

 

皮膚検査のほかに

血液検査、尿検査

病理検査などにより診断していきます。

 

 

● 腫瘍性

扁平上皮癌、リンパ腫などがあります。

病理検査で診断していきます。

 

 

● 物理的刺激

外傷、凍傷、火傷があります。

 

凍傷は、冬場はもちろん

夏場にアイスノンを長時間

耳周りに巻いていても起こります。

火傷は、冬場にカイロなどを首周りにつけていたり

暖房器具による低温やけどでも起きます。

 

問診により診断していきます。

92806

 

 

 

 

【 どんな治療するの? 】

 

● 感染性

それぞれの薬を使います。

ニキビダニの場合は、基礎疾患がある場合が多いので

その治療もしていきます。

92805

 

 

● 免疫介在性

免疫調節剤、血行促進剤

免疫抑制剤、外用薬

などを使っていきます。

 

 

● 腫瘍

外科切除

抗がん剤など

92901

 

 

● 物理的刺激

刺激を避ける生活にする

 

 

 

 

耳でも皮膚でもその他でも

何か気になることがありましたら

お気軽にご相談ください。

 

 

先生、血が止まりません!

 

 

みなさんこんにちは!

 

10月に引っ越しをして新生活をスタートさせることに

胸を躍らせている獣医師の中垣です!

 

最近、免許の更新のために1人で試験場に行ったのですが

8月19日(バイクの日)ということで

白バイに乗れるキャンペーンがやっていました。

 

せっかくなので童心にかえってきました(笑)

IMG_1607

 

そしてそして、10月からは月に1回

りんくうタウンにある大阪公立大学の夜間救急で働かせて頂くことになりました。

僕自身、新しいことに挑戦することが大好きなので、本当にワクワクしています。

 

また、そこで得た知識や経験を持ち帰り

イデア動物病院に通ってくださるみなさまに

しっかり還元できるように頑張ろうと思います。

 

さて、今回は一見珍しいように思えて

病院では意外と目にすることがある

この病気についてご紹介したいと思います。

 

それが免疫介在性血小板減少症です。

僕は未だにこれを噛まずに言えません。

 

名前がすごく長く、難しいように思えますが

病態は至ってシンプルなので、それを説明していきたいと思います!

 

①どんな病気なのか

「免疫介在性血小板減少症」とは、

名前の通り免疫システムが働くことで

血小板がどんどん少なくなっていってしまう病気です。

 

本来、「免疫」とは自分たちの体を守るために

体に侵入してくる敵、つまり細菌やウイルス、腫瘍などを攻撃する働きがあります。

 

免疫力が高い人は、風邪を引きにくいって言ったりしますよね。

 

ただこの免疫のシステムが、

何らかの理由で誤作動を起こすことがあるんです。

 

ここで言う誤作動とは、

敵と味方(自分自身)の見分けがつかなくなってしまい

味方にまで攻撃を加えてしまうことを言います。

 

この免疫の誤作動によって

本来味方であるはずの血小板が壊されていってしまう病気

それが「免疫介在性血小板減少症」です。

 

血小板が壊されて何がダメなのか。

それは血小板の体の中での役割を知ると理解できます。

 

血小板は、何らかの理由で体の血管が傷つけられた時に

そこに蓋をする形で血を止めるように働きます。

 

またそこから血を止めるために

仲間を呼び寄せより強固に蓋をしてくれる

そんな働きがあります。

 

つまり、血小板が少なくなってしまうことで

体のあらゆる血管が破綻した際に

それらの機能が働かなくなり

出血を止めることができなくなってしまうのです。

 

②どんな症状が出るのか

代表的な症状としては、

・体表の点状出血

IMG_1608

 

・紫斑

IMG_1609

 

・血便

・吐血

・血尿

などなどです。

基本的に血を止める作用を持つ血小板が少なくなってしまうために

出血に類する症状が認められます。

血が止まりにくい、そんな怖い状況がずっと続いてしまうのです。

 

③治療

治療は免疫の暴走を止めるために

主にステロイドなどの免疫抑制剤を使用していきます。

 

多くの場合、

これらの免疫抑制剤による治療は長い期間必要となるため

副作用を抑えるために他の薬剤を併用したり

再発をより早期に発見するために

定期的な検査が必要になります。

 

今回は免疫介在性血小板減少症について簡単に説明しましたが

この病気は死亡する可能性もある病気であり

より早期の治療の介入が必要です。

 

今回挙げたものと似たような症状を見つけられた際は

早めに動物病院にご相談いただくことをお勧めいたします。

【 ひふ 】 犬はげ ~ 季節性脱毛症 ~

 

こんにちは!獣医師の足立です。

 

先日、仕事が終わって帰るときに

ふと遠くを見つめる人たちがいたので

私も同じ方向をみると

打ち上げ花火があがっていました!

 

不意にみる打ち上げ花火って

なんか得した気分になって、うれしくなりますね♪

 

 

 

 

 

——————————————–

 

今日はハゲシリーズ第4弾

今回も不思議な脱毛の病気

季節性脱毛症です。

083004

 

 

 

【 どんな病気? 】

 

名前の通り、季節によってハゲる病気です。

冬に体の一部がハゲてきます。

083005

 

 

 

【 原因はなに? 】

 

決まった犬種で発症するので、

遺伝的な要因が疑われています。

日照時間や気温の変化などにもよると言われています。

 

 

 

【 起こりやすい犬種は? 】

 

シュナウザー

ボクサー

イングリッシュ・ブルドッグ

エアデール・テリア

083002

 

 

 

【 どんな症状が出るの? 】

 

一般的に秋から冬に脱毛し、

春から夏に育毛してきます。

 

脱毛は背中から腰にかけて起こります。

脱毛部は境界明瞭で、色素沈着が見られます。

育毛時、毛の色の濃さが変わったり

黄金色の毛が生えてくることもあります。

0830

(https://magazine.vdt.co.jp/954/

どうぶつの皮膚科耳科アレルギー科HPより)

 

 

一度しか症状が出ない子もいます。

かゆみはありません。

 

いろいろな年齢で発症すると言われていますが、

3-6歳で特に多いとされています。

 

 

 

【 どうやって診断するの? 】

 

犬種、脱毛場所、経過から診断していきます。

 

 

 

【 どうやって治療するの? 】

 

治療法はありません。

脱毛する1-2か月前から、

メラトニンを投与すると再発を予防できると言われています。

083006

 

 

 

 

 

おうちのわんちゃん、ねこちゃんで

気になる点、疑問がありましたら

獣医師またはスタッフまで相談ください。

 

 

 

【 ひふ 】 犬はげ ~ パターン脱毛症 ~

 

こんにちは!

獣医師の足立です。

 

ベランダ菜園にチャレンジしてるんですが

プチトマトがついに実り

先日実食してみました。

 

自分で育てた具合もあるのか

いつも食べているスーパーのものより

甘く感じてとてもおいしかったです!

こんな簡単に野菜って育てられるんですね。

子供がもう少し大きくなったら

一緒に収穫して食べるのが楽しみです。

 

 

 

 

—————————————————————–

前は、脱毛症X、

黒色被毛毛包形成異常症

淡色被毛脱毛症

についてお話させてもらいました。

 

今回は、またハゲシリーズで

パターン脱毛症という病気について

お話させていただきます。

 

 

 

 

【 どんな病気? 】

 

毛の構造に異常が出る病気です。

体の特定部位の毛が薄くなってきます

081501

 

 

 

 

【 原因はなに? 】

 

遺伝的な要因が疑われています。

毛の根っこの毛球が小さくなり、

毛が細くなっていく病気です。

081506

 

 

 

【 起こりやすい犬種は? 】

 

ダックスフンド

081504

ミニチュア・ピンシャー

イタリアン・グレーハウンド

081505

ボストン・テリア

など

 

 

 

【 どんな症状が出るの? 】

 

若齢、6ヶ月齢ごろに発症します。

耳の外側、首の下側、

胸からお腹、ももの後ろ

に左右対称で

進行性の脱毛が起こってきます。

痒みはありません。

081502

 

 

 

 

【 どうやって診断するの? 】

 

犬種、発症年齢、症状から推測し、

同じような症状の病気を除外して診断します。

確定診断は病理検査によります。

 

 

 

【 どうやって治療するの? 】

 

基本的にはありません。

メラトニンなどのホルモン剤や

サプリメントで改善する場合があります。

081507

 

 

 

 

何か気になる点、疑問がありましたら

獣医師、スタッフに相談ください。

 

猫の通院ストレスを軽減するために

 

 

みなさんこんにちは!

最近誕生日を迎え、27歳になった獣医師の中垣です!

 

若い奴が何を偉そうにと言われるかもしれませんが

歳を取るのは本当にあっという間ですね。

 

今年もそのあっという間の日々を

毎日全力で、1日1日を大事に生きていきたいと思います。

 

20200229160514

 

また、関係ないですが、

私の好きな稲盛和夫さんの言葉を載せておきます。

 

人生や仕事の結果というものは、

「考え方」と「熱意」と「能力」の掛け算で決まるんだよってことです。

 

全ては掛け算なので、いくら熱意や能力があっても

考え方、つまり動機や想いが不純であったり的外れだったら

その結果は大きくマイナスに傾いてしまうという意味がこめられているそうです。

 

簡単に言えば、

「この商品を売って金儲けするぞ」っていう人より

「この商品を多くの人に届けて幸せになってもらおう」と考えている人の方が

大きなことを成し遂げる気がしますよね。

 

私も「考え方」を大事にすることをすごく意識しています。

 

 

ところでみなさんは、

猫ちゃんのストレスが爆発したところを見たことはありますか?

 

私は獣医師という職業をしていますので

猫ちゃんが我慢の限界に到達した姿を何度か目にしたことがあります。

151620788

 

まさかうちの子がと思うかもしれませんが、

猫ちゃんはストレスに非常に弱い生き物です。

 

img66802826

 

家に知らない人が来たり、

引越しをしたり、

近隣で工事をしていたりするだけで

かなりのストレスがかかってしまいます。

 

それが原因で病気になってしまうことがあるくらいです。

 

そんな猫ちゃんが、

普段家の中で生活しているにも関わらず

外に出て、また病院に行くとなれば

どれほどのストレスがかかるか想像しやすいと思います。

 

それが嫌で病院に連れて行くことを

諦めている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

ただ猫ちゃんの健康を維持する上で

病院での定期検診や治療を受けることは非常に重要であり

通院するという行為はなかなか避けては通れません。

 

久々にワクチンなどの予防接種で来院した際に

たまたま病気が見つかると言ったことも多々あります。

 

なので今回は、

少しでも猫ちゃんの通院ストレスを軽減できるように

みなさまにストレス軽減の工夫をご紹介したいと思います。

 

まず、前提として猫ちゃんの診察は「スピードが命」と考えています。

これは雑に早く終わらせると言った意味ではなく

スムーズに診察をし、スムーズに検査して治療していく、

そして一番安心できるお家にできるだけ早く返してあげたいという意味です。

 

時間をかければかけるだけ

猫ちゃんはどんどんストレスが溜まっていきます。

それが爆発してしまうと、すごく攻撃的になったりすることがあり

余計に診察がスムーズに進まなくなり、

さらに猫ちゃんに負担をかけることにつながってしまいます。

 

ではどこで一番時間がかかってしまいがちなのでしょうか?

 

それは診察室内で猫ちゃんをケージから出すときです。

 

ほとんどの猫ちゃんの場合

キャリーケースから診察台に出す時に非常に手こずります。

 

それを難しくしている点は主に以下の2つです。

診察室に入ってきた時点でボルテージMAX

キャリーケースの形状が猫ちゃんをスムーズに出すことに向いていない

 

これを解決することができれば

少しでも猫ちゃんの負担を減らすことができると考えています。

 

①診察室に入ってきた時点でボルテージMAX

 

つまりもうすでに

ストレスが爆発してしまっていることがあるということです。

 

病院に行くために、ケージに入れたいけどその時点で

猫ちゃんと大格闘しているという方は多いんじゃないでしょうか。

 

それに加え車での移動、

また病院内では知らない人や、

ワンちゃんの声も聞こえてきます。

 

病院に来るまで、そしてついたあとも

様々なストレスにさらされています。

 

言い換えれば、ストレス軽減のための工夫はお家の中から始められます。

 

まずは普段から、

移動するためのキャリーケースに慣れさせて上げることが重要です。

キャリーケースの中=安心できる場所にしてあげてください。

 

具体的には、

何もない時でもキャリーの扉を開けておいていつでも入れるようにしておく

おもちゃなどで誘導し入った時にはおやつをあげる

などです。

 

また移動中は、普段から使用している

おもちゃや匂いのついたクッションやタオルなど入れてあげて

リラックスできる空間を作ってあげることも大切です。

 

そして病院内では、

キャリーの上からタオルやブランケットをかけて

外が見えないようにしてあげてください。

 

また当院では、診察までに車の中でお待ちいただけるように

呼び出しベルをお渡ししています。

 

診察の時間が来るまでは

車で待っていただくことも一つの方法です。

 

②キャリーの形状が猫ちゃんをスムーズに出すことに向いていない

 

猫ちゃんをキャリーから出そうとしては、

必死に抵抗してまた中に戻ってしまい

あと少しかと思いきや、爪が引っかかってまた中に戻ってしまう。

 

こんな状況を何度も見かけます。

 

これでは猫ちゃんのボルテージも上がる一方です。

 

できるだけスムーズに出てきてもらうには

キャリーケースの形状にポイントがあります。

 

それは、

扉が二つ以上あること

上下に分かれて取り外しが可能

です。

 

扉が一つしかないと

その狭い出口から腕を入れて

必死に抵抗する猫ちゃんを出さないといけませんが

これがとても難しいです。

 

ただ扉が上にもついていたり

キャリーケース自体が取り外し可能であれば

非常にスムーズに猫ちゃんを外に出すことが可能となります。

 

実際にはこんな感じのキャリーケースです。

キャリー

 

実際に日頃猫ちゃんを診察していても

このように取り外し可能なキャリーケースであれば

とてもスムーズに猫ちゃんを出すことができると感じています。

 

私も一飼い主として、

猫ちゃんの通院の大変さは理解しているつもりです。

 

少しでもストレスを軽減してあげるために

今回ご紹介した工夫を実践していただけると幸いです。

 

最後に私の愛猫の写真をあげて終わりにしたいと思います。

誕生日にもらったお花と一緒に写るしずく君です。

IMG_2160

 

。かわいすぎて言葉が出ません