病院ブログ

犬の混合ワクチン

みなさんはご存知ですか?

私たちが愛犬に混合ワクチンを接種するのは、どんな病気から守るためなのか。

 

今回は、犬の混合ワクチンについて、改めてお話しさせて頂きます。

 

ワクチンに含まれる病気は、感染すると死亡率が高いものや、広く流行しているものがあります。

また、病原体のほとんどがウイルスであるため、一度発症すると治療が困難な場合が多いです。

(レプトスピラ症のみ細菌が病原体です)

 

そのためワクチンで免疫をつけることが大切になります。

 

 

 

下の表は犬の伝染病とワクチンについてです。

犬の混合ワクチン 改定.001

 

 

当院で接種できる混合ワクチンは5種混合ワクチン、6種混合ワクチン、8種混合ワクチンです。

ワクチンの種類は、その犬の年齢、健康状態、生活環境、ワクチン接種歴、アレルギーの有無などを考慮して、

飼い主さんとご相談した上で決定します。

 

犬の混合ワクチンの場合、人獣共通感染症であるレプトスピラを含ませるかどうかがポイントになります。

レプトスピラはネズミの尿から感染し、人に移ることもある病気です。

枚方市では2015年に西招提町で発生したという報告があります。

大雨などで、ネズミの尿が土壌にまぎれ、それを犬が舐めると感染するのではないかと言われています。

混合ワクチンにレプトスピラを含ませることで、ワクチンアレルギーの可能性が高まるので、

生活環境に合わせて選択すれば良いと思います。

 

 

ただ漫然と獣医さんから言われるがままに予防をするよりも、

説明し、飼い主さんにも詳しく知っていただいたうえで

予防をしていただく方が当院としては良いと考えております。

 

 

当院のワクチン接種プログラムは、

・母犬からもらった免疫がなくなる約8週令頃に1回目、その後、約1ヵ月ごとに2回(計3回)接種します。

・1歳令以降になると、1年に1回接種します。

 

また、副作用など犬への負担を考慮して、ワクチン接種の回数を減らしたいという飼い主さんには、

抗体検査を提案させて頂くことが可能です。

(費用はワクチン接種の料金と同程度です)

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

狂犬病の予防ってやっぱり必要?

こんにちは。

獣医師の長崎です。

DSCN0631

 

この写真は私が学生時代に友人とインドへ旅行した時に撮った一枚です。

突然近寄ってきた犬に友人が腰を抜かして驚いています。

しかし彼は犬が苦手な訳でもありませんし、大袈裟な人間でもありません。

 

犬に噛まれることで感染する狂犬病を恐れているのです。

 

世界で一番、狂犬病で死者が出ているのがインドであり、アジアを中心に毎年5万人以上の死者が出ています。

狂犬病は、人と動物の共通の感染症で、感染した動物に噛まれると感染し、人間も発症すると死亡率が100%の病気です。現在治療法はありません。

昭和32年以降、日本での発生は確認されていませんが、国境を超えた人とものの移動が盛んな現代において、日本に狂犬病がいつ侵入してもおかしくはないです。

飼い犬にしっかりと狂犬病の予防注射を受けさせることで犬を狂犬病から守ることはもちろん、飼い主様自身や家族、近所の住人や他の動物への感染を防止できます。

ちなみに犬の飼い主様には、

(1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2) 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3) 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
が義務付けられております。
10-1-27-10a10-1-27-10b

義務ではありますが、この二つを装着することは飼い主様にとってメリットがふたつあります。

ひとつは、もし犬が迷子になっても、装着されている鑑札から確実に飼い主の元に戻すことができることです。

もうひとつは、狂犬病の発生とまん延を防止するため、都道府県等の保健所では、所有者の分からない犬や予防注射を適切に受けていない犬(鑑札や注射済票を付けていない犬)の身柄を拘束する必要があるのですが、これを未然に防止できることです。

万が一の時にその犬を守ることに繋がりますので、鑑札と注射済証は装着しましょう!

出典: 犬の鑑札、注射済票について|厚生労働省

はじめまして。獣医師の長崎雄太です。

はじめまして。

獣医師の長崎雄太と申します。

今年の4月からイデア動物病院にて勤務させて頂いております。

私は大阪府吹田市で生まれ、小中高校は兵庫県、大学は大阪府で過ごしておりました。

大学卒業後は島根県で産業動物臨床に従事し、この度、院長の中先生とご縁があり、再び慣れ親しんだ大阪の

地に戻って参りました。

私の両親は昔、枚方市に住んでいた事があり、これも何かの縁だと感じております。

私は学生時代の部活動で野球をしていたこともあり、大の阪神ファンです。

子供の頃は新庄選手に憧れていました。

 

私自身は現在、ミニチュアダックスフンドのリクと共に暮らしております。

人と動物は共に過ごす時間の中で、言葉は通じなくても、愛情が深まっていくものだと思います。

もしその動物がいつもと様子が違うと、不安になりますし、その子が何を自分に訴えようとしているのか理解したいと思うのではないでしょうか。

そのような思いが、獣医師としての今の私の原点になっていると思います。

 

飼い主様とその動物の暮らしが、お互いにとってより良いものにするためにはどうすればいいか。

その答えを一緒に考えることができる獣医師を目指して、日々勉強していきたいと思います。

よろしくお願いします。

IMG_1820

卒業式

こんにちわ\(○^ω^○)/

トリマーの山下です✿

 

 

いよいよ山下が書く最後のブログでございます(´pωq`)

今までカットさせていただいてありがとうございましたヾ(^▽^ヾ)

皆様に辞めるんですね?と言ってもらえて

寂しくなってきました(*´・ェ・`*)

 

 

3月はトリミングの予約がいっぱいありがとうございましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

毎日、今回が最後なんだなと思いながら

大切にトリミングさせてもらいました(*¨*)!!

 

 

 

では、最後のワンコ紹介です♪

IMG_5400

大くん★

少し不安げな表情(*´・ェ・`*)

お迎え早く来てもらえてよかったね (*・∀・*)♪

IMG_5392

ポコくん★

お上品なポコくん(*´ω`*)ノ゙

IMG_5409

チロくん★

ぺろーん ( ・´ω`・ )

ナイスタイミングです(^ω^人)

IMG_5439

アニーくん★

お誕生日おめでとう\(○^ω^○)/

今回はふんわりカットです(*´∀`*)

IMG_5446

マロちゃん☆

立ち方もきれいで

モデルさんみたい(*¨*)

IMG_5454

らんちゃん☆

可愛く撮れました (*・∀・*)!!!

IMG_5466

まめちゃん☆

にわとりさん苦手だったみたいです∑(゚ω゚ノ)ノ

気にしていました(゚△゚;ハッ

IMG_5531

ココアくん★

にわとり被っちゃって緊張気味です(゚△゚;ハッ

IMG_5537

ゆずくん★

ポーズとって固まってしまいました∑(゚ω゚ノ)ノ

IMG_5546

むぎくん★

カッコ良く被ってくれました(*´∀`*)!!

IMG_5551

ミッキーくん★

今回はスッキリに♡

お手入れしやすくしました(*ゝω・*)

IMG_5617

ももちゃん☆

ポンポンもお顔もまん丸ヾ(^▽^ヾ)

IMG_5625

れんげちゃん☆

パピーさんからさせてもらっていたので

今回が最後が寂しいです(ノ)ω(ヾ)

IMG_5637

陸くん★と虎太郎くん★

初めて2人で撮ってみました(*¨*)♡

IMG_5647

ココちゃん☆

ココちゃーーん可愛いーー (*σ´Д`*)♡

IMG_5653

まろんくん★

甘いフェイスのにわとりさん(*´∀`*)!!!

IMG_5677

福くん★

お誕生日おめでとうヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

最後だからか、頑張って立ってくれたね(*^-^*)♪

IMG_5680

ココちゃん☆

ボディーはスッキリ

お顔はふんわりでとても可愛い(*ゝω・*)

IMG_5731

レオンくん★

良くお散歩でも遊びにきてくれるレオンくん(*´∀`*)♡

ありがとうございましたヾ(^▽^ヾ)

IMG_5736

くぅちゃん☆

トリミング中は抱っこして~\(○^ω^○)/が

たまらなく可愛い♡

IMG_5742

らん丸くん★

にわとりさんつけているらん丸くん

もえぇ~ (●゚ω゚●)

IMG_5759

モコちゃん☆

山下のワンコもモコちゃんで

同姓同名なんです(*¨*)!!

IMG_5771

ミミちゃん☆ゴテンくん★

最後にとトリミングきてくれました (*σ´Д`*)

ありがとうございます (*・∀・*)♡

 

 

 

 

皆様、トリミングさせていただきありがとうございます\(○^ω^○)/

プレゼントまで用意してもらい嬉しいです!!

IMG_5776

本当に本当にありがとうございました!!

体調に気をつけてお過ごし下さい (★’`)⌒♪+。

ではお元気でヽ(☆’v`)★’v`)ノ

桜はまだかな・・・

こんにちは、花粉症がピークになっている長町です。

少しずつ暖かくなってきて、過ごしやすい日が続いていますね。

しかし、花粉症の方にはツライ季節だと思います、、

私もその一人で、薬とマスクが欠かせません(ToT)

 

さて、今回も私の娘たちのお話をさせてもらいます。

 

毎日とっても元気に走り回る、杏(あんず)と菜乃葉(なのは)

そろそろお年頃になり、避妊手術をすることにしました。

 

『えっ?!』

14898228742970

 

 

それも、2頭同時に、、、

 

 

猫ちゃんを連れて、来院される患者さまから

「今日は、なかなかキャリーに入ってくれなかった~」と、

聞くことがあります。

猫ちゃんをキャリーに入ってもらっての外出・・・・

とっても大変ですね。

 

 

今回、手術予定日の数日前からリビングに

キャリーを置いておく事にしました。すると、

意外とすぐに興味を示してくれて

交互にキャリーに入り、リラックスをする

場所の一つになりました。

 

14851374035771

 

 

手術の当日、

『さぁ 杏 菜乃葉、いくで――!!

 

14898229229171

 

手術は、無事に終了しました。

 

 

 

さて、避妊手術後、気になることは

避妊・去勢手術を行なうことによって発生する

体質の変化により食事量が増加し、

太りやすくなることです。

 

杏と菜乃葉には、子猫用のフードを手術する前と同じ量を

与えていましたが

手術をして、ちょうど一週間後、、、

いつも少し残すのに、2頭とも完食。

「ニャー、ニャー」と要求するようになりました。

 

食欲が増してきたので、避妊後用のフード

換える事にしました。

子猫用フードより低カロリーなので一日の量を

少し増やすことができました。

しばらくは、避妊後用のフードで様子を見ていこうと

思っています。

 

14898228128500