ペットの病気・気になる症状

【 ひふ 】 あれ?うちの子はげてきた? part4

 

こんにちは!獣医師の足立です。

 

先日、仕事が終わって帰るときに

ふと遠くを見つめる人たちがいたので

私も同じ方向をみると

打ち上げ花火があがっていました!

 

不意にみる打ち上げ花火って

なんか得した気分になって、うれしくなりますね♪

 

 

 

 

 

——————————————–

 

今日はハゲシリーズ第4弾

今回も不思議な脱毛の病気

季節性脱毛症です。

083004

 

 

 

【 どんな病気? 】

 

名前の通り、季節によってハゲる病気です。

冬に体の一部がハゲてきます。

083005

 

 

 

【 原因はなに? 】

 

決まった犬種で発症するので、

遺伝的な要因が疑われています。

日照時間や気温の変化などにもよると言われています。

 

 

 

【 起こりやすい犬種は? 】

 

シュナウザー

ボクサー

イングリッシュ・ブルドッグ

エアデール・テリア

083002

 

 

 

【 どんな症状が出るの? 】

 

一般的に秋から冬に脱毛し、

春から夏に育毛してきます。

 

脱毛は背中から腰にかけて起こります。

脱毛部は境界明瞭で、色素沈着が見られます。

育毛時、毛の色の濃さが変わったり

黄金色の毛が生えてくることもあります。

0830

(https://magazine.vdt.co.jp/954/

どうぶつの皮膚科耳科アレルギー科HPより)

 

 

一度しか症状が出ない子もいます。

かゆみはありません。

 

いろいろな年齢で発症すると言われていますが、

3-6歳で特に多いとされています。

 

 

 

【 どうやって診断するの? 】

 

犬種、脱毛場所、経過から診断していきます。

 

 

 

【 どうやって治療するの? 】

 

治療法はありません。

脱毛する1-2か月前から、

メラトニンを投与すると再発を予防できると言われています。

083006

 

 

 

 

 

おうちのわんちゃん、ねこちゃんで

気になる点、疑問がありましたら

獣医師またはスタッフまで相談ください。