院内紹介

すべて表示 猫ホテル 入院室 検査スペース・処置室 調剤室 トリミングサロン 犬ホテル 手術室 レントゲン室 診療室3 診療室2 診療室1 受付 WC 待合室 屋外施設
受付
来院されましたらお声がけください。いつも笑顔でお迎えいたします。
受付
診察券をお持ちの方は、診察券入れに入れてお待ちください。
受付
かわいい動物たちもお迎えいたします。
待合室
受付後は、ゆっくりとお待ちください。
待合室
待合室の奥は人見知りのワンちゃんやネコちゃんが落ちついて待てるよう工夫をしています。
外待合
院外にベンチを用意いたしました。天気の良い日は気持ちが良いです。
外待合
診察室1
一般診療用の部屋です。
診察室2
一般診療のほか、点滴などを行ったり、説明などを行うカウンセリング室としても使用できます。
診察室3
別名、特殊診断室。
暗室と無段階調光によって、眼科検査や腹部・心臓のエコー検査を行います。
処置室・検査スペース
創傷処理・導尿などの簡単な処置、血液検査や尿・便検査などの各種検査を行います。
処置室・検査スペース
最新鋭のICU(集中治療室)を備えており、術後や重症患者の酸素濃度、温度、湿度管理が可能です。
調剤室
ここでお薬を作ります。
入院室
犬入院室9室(うち超大型犬用1室)・猫入院室9室・ICU2室の計20室あり、すべてのお部屋が抗菌性能と耐久性に優れたステンレス製となっております。
調剤室
療法食などの在庫もあります。
入院室
監視カメラの実際の画像です。
遠隔地からの監視が可能な院内カメラは計4台(外部にも1台)あり、それぞれ入院どうぶつのモニターに使用しています。
手術室
手術を受けられる患者の安全性や侵襲性を考慮します。
生体情報モニター、小動物用麻酔器、高周波メス、超音波メス、内視鏡、整形外科用ドリルなど、設備も充実しております。
手術室
無菌状態を徹底するため、紫外線で履物を滅菌管理しています。
レントゲン室
最新のデジタルレントゲンを備えています。
内視鏡
胃・十二指腸の中の観察や、組織の採材を行うことにより、下痢や嘔吐などの消化器疾患の診断を行います。 また、口から栄養が取れない場合などのPEG(胃瘻)チューブの設置や、異物の発見・摘出にも有用です。
超音波メス
超音波メスは超音波のエネルギーで組織を凝固・切開します。 3mm径以下の血管であれば縫合糸を使わずに止血できるため、出血量の減少と手術時間の短縮が可能です。 電気メスやレーザーメスに比べて低い温度(約100℃)で凝固できるため、周囲の組織に対してダメージが少ないことも大きなメリットになります。
整形外科用ドリル
骨を切る、穴を開ける、削るなど、目的によってアタッチメントを変えて使用します。 椎間板ヘルニアや骨折などの手術時に活躍します。処置室には別途に歯科用のドリルもあります。
高周波メス
電気によって組織の切開や凝固を行うための装置です。 汎用性が高く、外科手術になくてはならないものです。
生体情報モニター&麻酔器&人工呼吸器
心電図・血圧・体温・spO2・etCO2・麻酔ガス濃度など多項目の測定が可能です。 手術中のどうぶつの安全をモニターします。
トリミングサロン
ワンちゃんネコちゃんの美容室、トリミングを行います。
トリミングサロン
マイクロバブルバス
ペットホテル
空調完備。ストレスを少なくするため、ワンちゃんとネコちゃんは別の部屋です。
猫ホテル
空調完備。ストレスを少なくするため、ワンちゃんとネコちゃんは別の部屋です。
WC
広々として明るく清潔なスペースです。ワンちゃん連れでも入れるよう、壁にリードフックを備えています。
WC
外装
ドッグラン
病院の脇に、柵に囲まれたドッグランのスペースを用意しました。
駐車スペース
敷地内に13台を完備しております。