ペットの病気・気になる症状

アトピーと友達になる方法

こんにちは!獣医師の足立です。

ここ2、3日の間に金木製の香りがふんわりして来ましたね。

毎年この匂いをかぐと、冬の入り口に来たな~

と思うのですが、、、まだまだじんわり暑い日が続きますね。

寒暖差が毎日あるので、体調に気をつけて行きましょう!

——————————————————————–

 

ご家族のワンちゃんで

アトピー性皮膚炎と診断され、

長期にわたりかゆみがでていたり

年中、もしくはしょっちゅうかゆみ止めを飲んでいる方はいませんか?

2222221

 

今日ご紹介するアトピーの治療法は、

完治はしないと言われているアトピーでも

唯一、治る可能性があると言われているものをご紹介します。

 

 

 

舌下免疫療法というものを聞いたことありませんか?

人間のスギ花粉症などの治療法で、

1日1回、舌の下に治療薬を垂らすというものです。

上手くいけば、花粉症が治ったり

長期的に症状を抑えられる可能性があります。

22221

 

この治療薬というのは、ずばりアレルゲンです。

上記の治療の場合は、スギ花粉になります。

最初は少量から、徐々に量を増やしていって体に慣らさせていくという治療です。

 

『スギ花粉アレルギーなのに、

スギ花粉を投与したらよけい症状がひどくなるんじゃないの?!!』

と心配されると思いますが、大丈夫です。

2221

 

 

体には不思議な機能があります。

日常生活で取り込まれるアレルゲンの量より

多い量のアレルゲンが体内に入ると、

アレルギーを抑える細胞や物質増えてきます。

それと反比例して、

アレルギーを起こす細胞や物質が減っていきます。

 

この機能を利用したものが舌下免疫療法。

減感作療法と呼ばれるもののひとつです。

21112

 

 

 

ワンちゃんでも同じような治療法が近年できました。

治療法の流れは

1週間に1回の注射を、6回続けます。

その後は皮膚の状態や、

飼い主さんと相談の上注射の間隔を空けていきます。

 

人間では効果が出るとしても、

3年から5年かかるとは言われていますが

ワンちゃんでは早ければ6週間で効果が出ます。

222221

 

 

この治療法はこんな子におすすめです。

■いろんな薬を飲んだけど、かゆみや皮膚炎を抑えられない。

■毎日の投薬が大変。お薬を減らしたい。

■治る可能性があるのであれば、試してみたい。

など。

 

 

 

この治療法を進めるにあたっては、

いくつか条件を満たす必要があります。

薬の効果の程度は、その子それぞれです。

少しでも気になるようであれば、くわしくは獣医師にご相談ください。

外耳炎のその先は

こんにちは!

獣医師の足立です。

もう夏が終わりかけていますね。

すっかり冷房生活していたので

だいぶ涼しくなってきているにも関わらず

冷房依存の止め時が分からなくなっています。。。

————————————————————-

 

この夏もいっぱい来ました!

耳がかゆい子!外耳炎の子!!

333

 

 

そんな外耳炎、

放っておいたり

繰り返したり

慢性化してしまうと、、、

中耳炎になってしまっている可能性があります!

 

 

耳の構造は、外側から

外耳

鼓膜

中耳

内耳

という構造になっています。

dふぁs

 

外耳に炎症を起こることを、外耳炎

中耳に炎症が起こることを、中耳炎と言います。

 

 

 

中耳にはいろいろな神経が走っています。

もし中耳炎になると

顔面神経麻痺を起こし、

顔面筋が垂れ下がったままになったり

口の開け閉めや

まばたきがしづらくなります。

 

 

さらに神経症状が進んでくると

首が傾いたままになったり

眼振を起こしたり

歩けなくなったりしてしまいます。

 

7787

 

ただ耳がかゆいだけで

こんな症状が出てくるの?!

って思いませんか?

 

 

実際、慢性外耳炎の

半分以上の患者さん

中耳炎になっているという報告があります。

いうひ

 

 

症状が出るか出ないかは

病気の程度などにもよります。

しかし、神経症状が出てから治療するには時間がかかったり

外科的に手術が必要になってくる患者さんもいます。

007images

 

 

そうなる前に、

少し耳をかゆがり始めた程度で

診察に来てもらえると

早期に治療することができます。

気軽に耳を診せに来て下さい。

 

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

ヒトと動物皮膚治療の似てるとこ

こんにちは!獣医師の足立です。

すっかり夏本番です!

毎朝、セミの声に起こされる毎日になりましたね♪

 

———————————————————————

みなさんは自分の肌が皮膚病になった場合、何をしますか?

 

 

例えば、顔の肌荒れが気になった場合

何かするとしたら、何をしますか?

11

 

まずは、いつもよりしっかりめに顔を洗ったり

洗顔料を変えてみたりするかもしれません。

あるいは、化粧水をいつもよりたっぷりぬってみたり、

市販の外用薬も使ったりすると思います。

12

 

 

食生活が乱れているのであれば、

脂っこいものを控えたり、

最近ストレスを感じている方であれば、

ストレスを避けたり、運動をしてリフレッシュする方もいるかと思います。

13

 

女性の方であれば、

日常的に皮膚のサプリメントを飲んでいる方も多いかと思います。

14

 

 

 

実はこれ、ぜーんぶ動物にも通じることなのです!

動物病院の診察で一番多いのは、皮膚科の病気です。

ただ、皮膚病は病変の部分だけをみて治療しても

治らなかったり、すぐに再発してしまうことが多くあります。

15

 

内服や外用薬を使ったり、

シャンプーや保湿などの、外からのスキンケアをしたり

ごはんを変えたり、サプリメントをのんだり

あるいはストレスケアなど

内からのスキンケアを行ったり

 

これらを組み合わせて治療を行わないと

皮膚はきれいに保てません。

16

 

 

えー!こんなにやらなきゃいけないの?!

と思うかもしれません。

逆に言えば、皮膚病は治療の選択肢がたくさんあるということです。

17

 

動物の性格や飼い主さんの性格、

どれだけ治療に時間をかけれるかはご家族それぞれです。

ご家族にあった治療法を選んでいきましょう。

 

 

 

皮膚病の原因により、

治療法はさまざまです。

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

どうしてまた耳をかゆがってるの?

こんにちは!

獣医師の足立です。

遅めの梅雨がやってきましたね!

毎日、すっきり乾かない洗濯物に悩まされ中です。。

 

———————————————————————-

 

飼っているワンちゃんが

ついこの前、外耳炎を治したのに

また耳を掻いてるという経験ありませんか?

333

 

 

おそらくそういった経験がある飼い主さんは多いと思います。

 

なぜ外耳炎がくり返すことが多いのか、

今日はお話しします。

98827-2

 

 

 

 

 

外耳炎が起こる主因は主に5つあります。

主因とは、それだけで外耳炎を発症しうる原因のことです。

 

 

⓵ ミミダニ

耳の中に住む寄生虫の感染

② アレルギー

アトピーや食物アレルギー

③ 分泌腺の異常

耳の中の分泌物が多く、油っぽい

④ 異物

ゴミがはいってしまう

⑤ 内分泌失調

全身性のホルモンの病気

 

 

 

 

この中で完全に治療することができるものは、

いくつあると思いますか?

77778

答えは、⓵、④のみです。

 

 

 

5分の2の確率で完治するんだ!

と思っていませんか?

 

 

残念ながら、

⓵と④が原因で外耳炎になっている子は

日常の診察では

かなり少ないのが実際です。

998ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

 

 

 

それ以外の原因は、

ワンちゃんの体質の問題であったり、

一生付き合っていかなければいけない病気であったりします

 

 

ということは、

外耳炎になったほとんどの子は

完治が難しく

くり返し症状がでたり

生涯にかけて治療が必要になってきます。

007images

 

 

なので、できるだけ外耳炎を繰り返さないため

病気をする前に

普段から、耳のケアをすること

慣れておくことをおすすめします。

34309a3eebf3cf465583a8db6d8d22383f

 

 

 

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

これに気を付ける時が来ました。

こんにちは、獣医師の足立です。

 

もう夏ですね!

と言いたいくらい毎日暑いですね。

私はもっぱら室内仕事なので

外に出た時の気温差でいつもめまいがしそうになります…。

普段から屋外仕事の方は、すごく大変だと思います。

皆様も体調が悪くなる前に、気を付けてください。

 

————————————————————–

 

みなさんは、ワンちゃんの熱中症対策していますか?

1234

 

ワンちゃんは、人間よりも熱中症を起こしやすい動物です。

熱中症で体の中に熱がこもってしまうと、

体中の細胞が壊れて機能しなくなります。

さらに、血液の流れが悪くなることにより

多臓器不全になり、最悪命を落としてしまう病気です。

 

 

 

なぜ犬で熱中症が起こりやすいのか?

 

1 汗をかかない

ただハァハァ呼吸をすることにより、口から体の熱を逃がします。

 

2 地面に近い場所にいる

地面に近い場所は空気があまり動かなかったり、

太陽の照り返しがあり、

大人の人間が吸う空気より、

数度温度が高い空気を常に吸っています。

 

3 自分では予防できない

こまめに水を飲んだり、運動や興奮をすることを控えたりしません。

 

 

 

熱中症のサイン

 

① 口を大きく開けてハァハァと荒く呼吸をする

  舌がいつもより真っ赤になっている。

 

体が熱くなっているかもしれません。運動をやめさせ、涼しいところに移動しましょう。

 

 

② 元気がなくなる。ふらつく。ボーっとする。

 

熱がこもり、血流が悪くなっているかもしれません。

すぐに体を冷やし、念のために病院に行った方が良いでしょう。

 

 

③ ぐったりする。意識がない。

 

大変危険な状態です。

すぐに体を冷やしはじめ、病院に向かいましょう。

途中で嘔吐するかもしれません。

誤嚥しないように

顔を横向けや、頭をやや下向きにしましょう。

 

 

 

 

体の冷やし方

 

体温を下げすぎても良くありません。

下記を参考にしてみてください。

 

* エアコンなどの冷たい空気を吸わす。

* 濡らしたタオルを背中に掛け、冷風を当てる。

* 保冷材などを、脇や足の付け根、首に当てる。

 

 

 

人間でも気づかないうちに熱中症になっていると言われます。

ワンちゃんにも日ごろから気を付けていただき、

ちょっとしたサインに気づき、直ちに対処してあげてください。

 

 

 

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。