ペットの病気・気になる症状

どうしてうんちを食べちゃうの?

こんにちは!

獣医師の足立です。

だんだん暖かくなって、桜が咲きはじめましたね。

普段車生活の私ですが、ひさしぶりに自転車で桜を見に行く予定です!

 

———————————————————-

『食糞はどうしたら治りますか?』

動物病院でよく相談されるもののひとつです。

 

123

 

原因としては、大きく分けて

医学的問題(病気)と

行動学的問題があります。

 

 

今回は、行動学的問題のものをメインでお話します。

食糞の行動学的な原因としては

 

● 関心を求める行動

● 遊び関連、好奇心による行動

● 便に対する嗜好性

● 母性行動

● 不安、ストレスに関連する行動

 

などがあります。

では、どうしたら良いか。

対処法としてはいくつかあります。

 

 

 

1 食糞をしない状況をつくる

排泄をしたら、すぐに片づける。

散歩中に落ちている便をたべてしまうのであれば、

そこに近づかないようにするなど。

645

 

 

2 適切なトイレのしつけをする

トイレと寝る場所は、完全に別の場所にする。

排便をしたら、便から意識をそらすように

少し離れたところから呼んで、ご褒美をあげる。

888

 

 

3 食糞以外の行動を強化する

オスワリやマテを教える。

排便後、すぐ便に意識がいってしまう子は

オスワリやマテをさせることにより

便から意識をそらしたり、

あせらず便を片付けることができます。

178

 

 

4 食糞前後の対応

すでに便で遊びはじめていたり、

口の中に入れていても

大騒ぎしたり、無理やり便を取ろうとしないでください。

完全に無視してください。

声をかけたり、近寄っていくと

飼い主の関心を引くために、

食糞がひどくなる可能性があります。

5554

 

 

5 食事量を増やす

肥満にならない範囲で、食事量を増やしたり

1日の中で、小分けに食事を与えて

食欲を満たしてあげる。

887

 

6 遊ぶ時間を増やす

遊びや散歩の時間を増やして、

ストレスを減らしてあげる。

77

 

 

7 フードの変更、サプリメントを使用

消化に良いフードに変更するなど。

554

 

 

 

 

わんちゃんは12週齢までに

どこで排泄するか、排泄前後の行動が決まってくると言われています。

 

1番はこの時期までに

トイレトレーニングをしっかり行い、

食糞の癖をつけさせないことが大事です。

もし癖がついてしまうと、

なかなか止めさせることが難しくなります。

 

そして、癖がついた状態で放っておくと

食糞行動がますます進んでしまう可能性があります。

便と取ろうとすると、うなってきたり

排便中に、直接肛門をなめて便を食べてしまうこともあります…。

 

 

 

やめさせるには

飼い主さんが根気よく、時間をかけることが必要です。

 

トイレトレーニングや、気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談下さい。

 

 

気をつけたいフード

こんにちは、獣医師の足立です。

もう、春がすぐそこまで来ていますね!

最近、近所を歩いている時に

花のつぼみが、日に日にふっくらしていくのを見ると

自然にうれしい気持ちになってしまいます♪

——————————————————————-

 

 

前回は、動物にとって

中毒になるフードについてお話ししました。

 

今回は、もしかしたら

病気のリスクを上げてしまっているかもしれないフード、

尿路結石ができやすくしてしまっている

かもしれないフードについて、お話します。

 

 

 

尿路結石とは、

体の中で尿が流れる管の中にできる石のことです。

大きさは、

顕微鏡でしか見ることができないものから

人間の握りこぶし大(!)のものまで、

様々です。

 

ある程度、大きな結石ができてしまうと

手術で取り除かなくてはいけません。

もし、尿が流れる管につまってしまうと、

緊急的に処置をしないと

命に関わる状態になります。

 

 

 

 

動物病院で

日常的に診る結石のは、2種類あります。

 

ストラバイト結石

(リン酸アンモニウムマグネシウム)

シュウ酸カルシウム結石

 

です。

 

 

尿中のpHや

カルシウム、マグネシウムなどの

ミネラル量の増加によってできやすくなります。

 

なので、尿中の成分を変えてしまうフードを食べていると

いつのまにか、結石ができている可能性があります。

 

 

 

ニボシ、じゃこ、イワシ、サケなどの魚類

images

 

 

ブロッコリー、ほうれん草、カボチャなどの野菜類

234images

124index

index0987

 

 

 

豆腐、乳製品

7877images

 

 

これらのフードは

ミネラルを多く含んでいるので、

あまり多くは与えない方が良いでしょう。

 

 

その他にも、

ミネラルウォーターを日常的に飲んでいると

結石ができやすいです。

images000

 

 

 

 

以上のフードは

食べると、必ず結石ができるわけではありません。

 

フードのほかに

遺伝的なものや、体質、体調にるものが重なって

結石ができてきます。

 

ただ、病気のリスクを下げるという意味では

日常的に大量に食べるのは

避けた方が良い食べ物になります。

 

 

 

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

食べてはいけない食べ物

こんにちは、獣医師の足立です。

 

冬至も過ぎ一か月、

だんだん日が出てる時間が長くなってきましたね!

とは言いつつ、まだまだ日照時間は短く寒い日が続いています。

その分、星や夜景がきれいにみえる季節ですね♪

私は病院から少し離れたところの

丘になっている所から、夜景を見るのが最近大好きです!

 

———————————————————————————–

 

今回は、ワンちゃん、ネコちゃんが食べてはいけない食べ物

中毒を起こす食べ物についてお話します。

 

 

チョコレート、カカオ類

テオブロミンという物質が、心臓血管、中枢神経に作用します。

嘔吐、下痢、興奮、けいれん発作、昏睡などを起こします。

カフェインにも同じような作用があるので、注意が必要です。

images

 

 

 

ネギ類

n-プロピルジスルフィドという物質が、

赤血球に対して毒性があります。

症状はヘモグロビン尿(赤色尿)、貧血、黄疸などを引き起こします。

加熱したものでも毒性が消えないので、注意が必要です。

index

 

 

 

キシリトール

急激な低血糖により、運動失調や発作を起こします。

なかには血が止まりにくくなったり、肝不全を起こす子もいます。

45images

 

 

 

ブドウ、レーズン

特に犬で起こります。

急性腎不全を発症します。

index23

 

 

 

ユリ

特に猫で重篤な症状がみられます。

急性腎不全になり、死亡する可能性が高いものです。

index999

 

 

 

貝類、甲殻類、淡水魚

特に猫で中毒を起こしやすいです。

チアミナーゼという酵素が

ビタミンBを分解し、中毒症状を起こします。

運動失調障害、けいれん発作などの症状がみられます。

加熱してあるものであれば大丈夫です。

index987

 

 

アボカド

特に犬で起こります。

ペルシンという物質が中毒を引き起こします。

アボカドの種類によって含有量は異なります。

嘔吐、下痢などの症状がみられます。

77index

 

 

牛乳

大人の犬猫は

乳糖を分解する、ラクターゼという酵素を持っていません。

牛乳を与え過ぎると消化吸収できずに、下痢を起こします。

00index

 

 

猫にドッグフード

猫には、体内でつくれない栄養素

タウリン、アラキドン酸、ビタミンAがあります。

これらはフードから摂取しなければいけません。

ドッグフードを食べ続けると、

これらの必要な栄養が足りなくなってしまします。

 

 

 

以上のように、人間が普段食べているものでも

ワンちゃん、ネコちゃんにとっては中毒を起こす食べ物がいくつかあります。

 

動物は好奇心旺盛です。

人間が与えなくても、

知らず知らずの内に

間違ってワンちゃんネコちゃんが食べないように気をつけましょう。

 

そして、万が一食べてしまったら、

できるだけ早く動物病院に行くか、電話で相談して下さい。

 

 

何か気になる点、疑問などがあれば

お気軽に獣医師、スタッフにご相談下さい。

にゃんこの理想のトイレ

こんにちは!

獣医師の足立です。

年末年始、雪が降るかもしれないそうですね!

私はそれを聞いて、今からワクワクしています!

ただ、お出かけの方は十分お気をつけください。

 

————————————————————

 

みなさんは

猫はどんなトイレを好むか、

考えたことありますか?

 

 

猫は思っている以上に、神経質な動物です。

トイレが気に入らないと、排泄を我慢したり、

ストレスを感じ、おしっこの病気なってしまうことがあります。

中には、緊急的に処置をしないと、

命にかかわるおしっこの病気もあります。

 

 

トイレを工夫することにより

これらの病気や、再発を防ぐことができます。

 

今回は、一般的に猫が好むトイレについて

いくつかポイントをお話します。

 

 

 

①  こまめな掃除

排泄があれば、すぐに取ってあげましょう。

1ヶ月に1回は猫砂の全交換、トイレボックスの洗浄もしてあげましょう。

 

 

②  トイレの数

基本的には猫の数プラス1個です。

a0233917_3343329

 

 

③  トイレの場所

食事場所、休息場所から2m離れている場所

静かな場所、アクセスしやすい場所

壁沿いや部屋の隅

に設置してあげましょう。

 

 

④  トイレの大きさ

体長より大きなものを選びましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

⑤  猫砂

一般的には粒子が細かく、臭いがなく、

固まりやすいものが好まれます。

76db177703194d176879c243a5582600

 

 

⑥  トイレのトラウマ

過去におしっこの病気などにより、

トイレに嫌な思い出

(膀胱炎になり、排泄痛があった場合など) があると、

そのトイレを避けるようになることがあります。

その場合は、トイレ本体を替えたり、

場所を変えるなどを行うと、またスムーズにトイレをしてくれる場合があります。

index

 

 

お家の猫トイレはいかがでしょうか?

理想的なトイレになっていますか?

 

猫トイレのポイントは他にもあります。

おしっこの病気になる原因も、トイレの問題だけではない場合もあります。

なにか気になる点、疑問がありましたら

お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

目に見えない猫の病気

こんにちは、獣医師の足立です。

最近めっきり寒くなって来ました。

夜、布団の中でぬくぬくするのが、

気持ち良い季節になって来ましたね♪

 

————————————————-

 

みなさん、

腎臓は何をしている臓器か知っていますか?

 

ご存知かもしれませんが、

尿を作っている臓器です。

images

 

 

それだけではなく

尿を作ることにより、体の老廃物毒素を排泄したり、

 

水分やミネラルなど、

体液のバランスを調節したり

 

血圧、カルシウム、造血を調節する

ホルモン等の産生もしています。

 

 

 

この腎臓の病気、高齢猫で多いのが、

慢性腎不全です。

index

 

 

10歳以上の猫で、30%はこの病気になっていると言われています。

動物病院でも、よく診る病気のひとつです。

 

この病気のやっかいなところは、

早期発見が難しい、というところです。

index

 

 

目に見える症状が出た時には、

かなり病気が進行していたり、

血液検査で、少しでも異常値になった時点ですでに

腎臓に残された機能が、30%以下になってしまっています。

 

 

腎臓が悪くなった部分は、もう元には戻りません。

 

なので、少しでも早く病気を発見することが重要です

早くに治療開始をしてあげると、

腎臓が悪くなるスピードを遅くし、

元気で長生きすることにもつながります。

 

 

 

早期発見には、いくつか検査があります。

1 SDMA

血液で検査できるもので、一般的な血液検査項目より早期に異常値を示します。

 

2 尿検査

尿の濃さや、尿たんぱくの量により腎臓の機能を調べるものです。

 

images

 

 

8歳以上の猫であれば、

年1回でも、健康診断でこの検査を受けるか、

ワクチン接種時にでも、

検査を行うことをおすすめします。

 

 

もし何かご不明な点、気になる点があれば、

気軽に獣医師、もしくはスタッフにご相談ください。