病院ブログ

不妊・去勢手術のメリットとデメリット

みなさんこんにちは。獣医師の長崎です。

 

最近は日差しが暖かくなり、春の訪れを感じますね。

 

さて今回は不妊・去勢手術についてお話させて頂きたいと思います。

 

不妊・去勢手術といえば、望まれない妊娠による、不幸な命を増やさないための手術というイメージがあると思います。

犬や猫の飼い主さんの中には、健康な体にメスを入れることや生殖器をなくすことに抵抗がある方もおられると思います。

人間と同じように考えれば、当然だと思います。

またこれらの手術は全身麻酔下で行うので、命のリスクを伴います。

場合によっては、後遺症や副作用が発生することもあります。

 

しかしそれ以上に、不妊・去勢手術には疾病の予防や、問題行動の抑制、寿命の延長どの大きなメリットがあります。

 

不妊去勢手術は価値観によって賛否両論あると思いますが、

飼主の皆さまにはそのメリットとデメリットをまず知って頂きたいと考えています。

 

 

不妊去勢手術のメリットとデメリットを下の表にまとめました。

不妊・去勢手術

 

メリットはやはり性ホルモンに関連した疾病を予防できることが大きいと思います。

特に雌はそのメリットが大きいです。

 

子宮蓄膿症は発症した場合、死に至る危険があるため、救命を第1に外科手術が適応

になります。しかし発症した場合、麻酔のリスクも高く、手術しても助からない可能性があります。

当院でもよく遭遇する疾患です。

犬猫はヒトと違って閉経が来ないので年齢を重ね、

ホルモンバランスが崩れてくると発症しやすくなると考えられます。

予防することが大切です。

 

 

乳腺腫瘍はその50%が悪性腫瘍のため、これも命に関わる疾患です。

早期に卵巣を摘出すると、乳腺腫瘍の発症率が有意に低くなる報告があります。

もし手術をすると決めたなら、初回の発情の前にすることをオススメします。

 

 

性ホルモンに関連した問題行動の抑制については、効果は一概に言えません。

問題行動は動物が一度学習してしまうと、手術をしても抑制することが難しくなります。

これも効果を期待するなら、学習する前の早期に実施することをオススメします。

 

 

 

デメリットとしては、全身麻酔のリスクが命に関わる為、

気になる方が多いのではないでしょうか。

下の表のように、動物の身体の状態によってその死亡率は異なります。

麻酔リスク

 

 

麻酔のリスクは決して0にはなりません。

しかし術前検査によって動物の身体状態を把握することで、

戦略的に麻酔を選択し、そのリスクを減らすことは可能です。

 

 

飼い主の皆様には是非、これらのメリットとデメリットを知った上で、

それをご自身で天秤にかけて頂きたいと思います。

 

 

わからない点や、もっと詳しく知りたい点があればご相談ください。

みんな可愛いお顔が上手(*´ω`*)Tormブログ!

こんにちは(●´∀`)ノ

トリマーのもとおちです (●゚ω゚●)

2月、2回目の更新でございます!

 

今月は1月に比べてご予約を

たくさんいただいたので、

ブログを3回に分けてみようと試みました!

 

回数が増える事で、パソコンの扱いが

少しでも上達しないだろうか。。と

思っておりますが(´∵`)

 

 

それでは、みんなの可愛い

お写真をご覧ください☆

 

 

 

IMG_3877[1]

コタローくん☆

お口周りはすっきりと☆

体はふわっふわo(・∀・)o

 

IMG_3915[1]

バンリちゃん☆

ちょっと恥ずかしいのか、

目線をはずすバンリちゃん(*¨*)

 

IMG_3926[1]

マルタくん☆

はじめましてのマルタくん!

「がんばったよー!!」とにっこりです♪

 

IMG_3968[1]

ゆずくん☆

シュシュもかぶり物も、

おっきくみえますね(゚ω゚ノ)ノ

 

IMG_3981[1]

ナッツくん☆

笑顔ばっちり!

お散歩大好きなナッツくんです♪

 

IMG_3995[1]

サナスくん☆

はじめましてで頑張りました!!

カメラに可愛いお顔がぐいぐい(*ゝω・*)

 

IMG_4040[1]

茶々丸くん☆

今回は全身すっきりと(`・ω・´)

「かっこいいだろぅ??」

 

IMG_4058[1]

ゼットンくん☆

大きなお耳とさらさらの飾り毛が

素敵です(*´∀`*)

 

IMG_4104[1]

クリスちゃん☆

かぶり物がジャストフィット!!!

お尻もぷりケツになりました☆

 

 

IMG_4110[1]

モコちゃん☆

超にっこりしてくれたモコちゃん☆

いつも元気で癒されます(*^▽^*)

 

IMG_4126[1]

フラン・サンテ・フィーユちゃん☆

カットの途中でうとうとしていた

大物パピーちゃん!おりこうに頑張ったね♪

 

IMG_4150[1]

ちるくん☆

お顔の角度もバッチリ!

すっきりかわいくなりました(*´∀`*)

 

IMG_4183[1]

りゅうくん☆

ハートを乗っけて「えへへ☆」と

わらってくれました♪

 

IMG_4221[1]

むぎくん☆

途中、スタッフの膝の上で

まったりしていたむぎくんです(*¨*)

 

 

去年の話になりますが、

スタッフ達の制服が地味に変わっております!

 

受付は清潔感あるホワイト、

看護師は優しいピンクに、

トリマーはパキッとブルー!になりました☆

獣医師は引き続き、

貫禄のあるネイビー?濃紺?笑

 

ちょっと注目してみてくださいね(*´∀`*)♪

 

今回もたくさん御予約、

ありがとうございます(`・ω・´)

ご新規さまもたくさん

来ていただき嬉しいですヾ(^▽^ヾ)

 

そして、最後まで読んでいただき、

ありがとうございます☆

 

次回の更新もお楽しみにo(・∀・)o♪

 

チョコたべたい!!Trimブログ(●´∀`)ノ

こんばんは(●´∀`)ノ

トリマーのもとおちです(`・ω・´)

 

2月も半分終わろうとしていますが、

節分の恵方巻きはみなさん食べましたか?

もとおちはバッチリ、恵方向いて

むさぼり食べましたよo(・∀・)o!!!

 

今月は、バレンタインセットで

みんな撮影させていただきました☆

男の子たちにも、

ラブリーになってもらいました(*ゝω・*)

 

 

 

IMG_3564[1]

パフェくん☆

入院中のトリミング!すっきりしましたね♪

 

IMG_3567[1]

チョコちゃん☆

カメラ目線バッチリ♪ラブリーo(・∀・)o

 

IMG_3580[1]

ちょこくん☆

なんとドヤ顔!!きまってます (*σ´Д`*)

 

IMG_3588[1]

リンくん☆

初めてのイデアトリミング、

とってもおりこうさんでした♪

 

IMG_3601[1]

コロくん☆

ハートに囲まれて満足気ヽ(☆’v`)★’v`)ノ

 

IMG_3620[1]

ミンキーくん☆

お顔のイメチェンをして、

とってもお似合いでしたヾ(^▽^ヾ)

 

IMG_3638[1]

ポンくん☆

ホテル中のトリミング、ふわふわに

なりました(*´∀`*)

 

IMG_3640[1]

ほたるちゃん☆

思い切ってすっきりしたほたるちゃん!

シャンプー気持ちよさそうでした♪

 

IMG_3668[1]

ロビンくん☆

トリミング頑張ってにっこり(*´ω`*)

お尻がとっても可愛くなりました☆

 

IMG_3675[1]

マロちゃん☆

ホテル中にシャンプー♪

次はカットお待ちしていますヾ(^▽^ヾ)

 

IMG_3699[1]

ルーナちゃん☆

片足を出してモデル立ちです(*´∀`*)

笑顔もばっちり!!

 

IMG_3723[1]

モコちゃん☆

薬浴シャンプーですっきり☆

皮膚の調子も良くなぁれ(*¨*)

 

IMG_3775[1]

あんずちゃん☆

ぺろーん!ナイスショットです♪

 

IMG_3789[1]

サムくん☆ ドンくん☆

2人とも、ラブリーかつカッコ良く

きめてくれましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 

IMG_3806[1]

セーラちゃん☆

とっても可愛く笑ってくれた

セーラちゃんです☆

 

 

 

 

みなさん、だいぶラブリーに

写ってくれたので、

スタッフはにやにや状態です(ノ)´∀`(ヾ)

 

まだまだ続きますので、

次回の更新もお楽しみにヾ(^▽^ヾ)

 

前半もたくさん御予約いただき、

ありがとうございます☆

 

それでは、また次回(`・ω・´)!!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

ウサ耳つけてにっこり!Trimブログ(●´∀`)ノ

 

こんにちわ☆

トリマーのもとおちです(●´∀`)ノ

 

先月ブログの公開ボタンを押すのを忘れたばっかりに、

ずっと下書きのままで保存されっぱなしになり、

更新が2月になってしまいました((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃テヘ☆

我が家のワンコを今か今かと待っていてくれた方、

すいません!!!!!!

 

いいわけはこの辺して、

今回のお客様たちです!!!!

 

 

IMG_3180[1]

ちょこちゃん☆

お迎えを待っている間も

とってもおりこうさんです(*¨*)

 

IMG_3184[1]

モカちゃん☆

ウサギ耳がジャストフィット!!!

 

IMG_3200[1]

りゅうくん☆

さすがにウサ耳は入らなかったのです!!

 

IMG_3226[1]

テンテンくん☆

笑顔バッチリ!!おりこうさんでした(*´∀`*)

 

IMG_3243[1]

すももちゃん☆

お耳の毛を伸ばしていくすももちゃん♪

楽しみです☆

 

IMG_3256[1]

茶々丸くん☆

お口が笑っていますねヾ(^▽^ヾ)

 

IMG_3260[1]

レオンくん☆

しゃきーん!!立ち姿がカッコイイ!

 

IMG_3269[1]

モモちゃん☆

舌がちょろり♪すっきりカットですo(・∀・)o

 

IMG_3277[1]

ランちゃん☆

ランちゃんもすっきりカット☆

 

IMG_3283[1]

マロちゃん☆

足のカットを変えてみました♪

どうなっていくか楽しみです(*´∀`*)

 

IMG_3289[1]

あんずちゃん☆

おめめがまんまる!!!

 

IMG_3294[1]

モコくん☆

おりこうさんのモコくん、

笑顔もバッチリですヽ(☆’v`)★’v`)ノ

 

IMG_3357[1]

ココちゃん☆

「ウサ耳入ったよー!!」

いい笑顔いただきました!!

 

IMG_3400[1]

ゆうちゃん☆

もふもふウサ耳ゆうちゃんです (●゚ω゚●)

 

IMG_3404[1]

ハルくん☆

ハルくんもウサ耳かぶって少し困惑気味。。

 

IMG_3431[1]

らんちゃん☆

元気いっぱいすぎて、お父さんに

「落ち着いて。。」と言われたらんちゃんです☆

 

IMG_3437[1]

ミミちゃん☆

てへぺろでかわいくポーズヾ(^▽^ヾ)

 

IMG_3442[1]

ゴテンくん☆

ゴテンくんは胸をはって!!きまってる!!

 

IMG_3461[1]

陸くん☆

モデルポーズできめてくれました (*σ´Д`*)

 

IMG_3471[1]

虎太郎くん☆

陸くんが隣にいなくて

ちょっとさみしい。。。

 

IMG_3476[1]

茅陽子ちゃん☆

ぺろりーん♪な瞬間をゲット!!

 

IMG_3501[1]

ウィルくん☆

ウサ耳かぶったら、

固まってしまいました。。 ( ・´ω`・ )

 

IMG_3515[1]

桜花ちゃん☆

ふわふわになって、嬉しそう (*σ´Д`*)

 

IMG_3524[1]

そらちゃん☆

ちょっぴり困り顔になってしまいました(*¨*)

 

IMG_3544[1]

チョコくん☆

すっきりカットにスプレーでつやつやに☆

 

IMG_3554[1]

ララちゃん☆

待っている間、お手手を交差して

セレブしていましたo(・∀・)o

 

お正月ムードも終わって、

撮影セットをどうしたもんかと悩んでいたのですが

どうにも思い浮かばず、ウサ耳\(○^ω^○)/

 

意外とみんな可愛くかぶってくれ、

撮影している本人は「かわい~!!」と

大喜びなのですが。。。

みんな、「はやく取ってよー」って感じだったのかな?

でも、みんな可愛かったですよ!!!!

ちらほら、かぶれなかった子もいましたが(ノ)ω(ヾ)

 

2月はバレンタインの撮影セットで、

お待ちしております♪

 

今回もたくさん御予約ありがとうございます☆

そして、最後までお読みいただき、

ありがとうございます(*´・v・`)

また次回のブログもお楽しみにヽ(☆’v`)★’v`)ノ

 

 

 

 

おすすめの保湿剤ありますか?

みなさんこんにちは。

獣医師の長崎です。

前回はスキンケアに関する内容で、シャンプーについてお話しました。

今回は保湿についてお話させて頂きたいと思います。

 

保湿剤は私たちヒトにとっては、非常に馴染みのあるものだと思います。

化粧水や乳液は、保湿のためによく使われますよね。

犬にとっても、保湿はお肌のトラブルに有効です!

 

ではオススメの保湿は何でしょう?

 

この質問に対して、「この保湿剤がオススメですっ!」と答えられると簡単なのですが、一概にそうとは言えません。

 

 

まず保湿剤には、どのような種類があるのかを図で見てみましょう。

 

 

保湿イラスト.001

保湿成分の働きは、大きく分けて4種類あります。

ワセリン、スクワランは皮膚に塗ることで皮脂を補い、水の蒸散を防ぎます。

グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲンは水を引きつけます。

セラミド、フィトスフィンゴシンは細胞間脂質を補います。

それによって水分を蓄えて保湿すると同時に、細胞間を隙間なく埋めることで外部からの刺激(アレルゲン等)の侵入を防ぎます。

尿素、乳酸は角質細胞に水を含ませます。

 

これら保湿成分の働きを理解した上で、その子のお肌の状態に合わせて、保湿剤を使い分けることが大事です。

 

 

例えば、アトピーや乾燥肌の子は、角質が弱く、皮脂が少ないです。

そのため角質に水を含ませる尿素等は、角質が弱くなるのでオススメできません。

セラミドとヒアルロン酸、ワセリン等を併用すると保湿効果が期待できます。

 

皮膚がベタっと脂っぽくなる脂漏症の子には、

皮脂を補うワセリン等はオススメできません。

角質に水を含ませる尿素等を使用すると保湿効果が期待できます。

 

また保湿剤は、その基材によっても特徴が異なります。

その保湿剤が軟膏なのか、クリームなのか、ローションなのかで、

皮膚への刺激の強さ、馴染みやすさ、効果の持続時間等が変わります。

それを踏まえて、お好みで使い分けて下さい。

保湿イラスト.002

 

また 保湿剤は頻回に継続することが重要です!

一回で劇的な変化は得られないかもしれませんが、続けることで徐々に効果を期待するものです。

お肌の状態を観察しながら、お肌に合ったものかどうか見極めて行きましょう。