病院ブログ

☆おうちでできる健康チェック☆ ②乳腺

こんにちは!獣医師の鵜飼です☆彡

今回は、みなさまに乳腺腫瘍のチェック方法についてお話します。

乳腺腫瘍とは、乳腺にできる悪性のできものです。

しこりを触っただけでは悪性か良性かの判定はできません。

が、おうちでまずはしこりを見つけること、それが早期発見には大切です。

 

11693914-白いふわふわの毛皮に背中の上に横たわるチワワ子犬

犬・猫たちのできもので一番多いのは実は皮膚のできものです。

皮膚って面積が広いですし、背中を撫でているときなどに見つけやすいので

よく病院でもできものが出来た、いぼがある、ふくらんでいる、出血した。。。

といったご相談をお伺いします。

ですが、皮膚のできものは良性であることも多く、

肥満細胞腫だったり、肛門や眼などの大事な場所の真横にできた、、とかでなければ、

そんなに苦労をすることもありません。

 

そして、

2番目に多くできるできものが、実は乳腺腫瘍!です。

特に、子犬子猫の時に避妊手術を選択しなかった子については、

発生率が避妊済みの子よりも高くなります。

イデアの患者様方は避妊手術を受けてらっしゃる方が非常に多く、

ほかの地域と比較すると乳腺腫瘍はできづらいかもしれません。

もちろん、

成犬になってから飼われる方もいるし、

避妊手術を選択しないことや出産がいけない!ということではなく、

リスクが高くなるので、未避妊の子はよく触って見張っておかなくてはいけません。

 

 

犬猫の乳腺は、人間とはちがって、

胸から下っ腹のあたりまで、縦に2本、細長く存在します。

cat-lying-on-his

 

乳腺腫瘍も、最初は米粒のような小さなしこりから始まります

乳腺のふわふわの脂肪の中に、コロっと触れるようになりますので、

乳腺チェックをするときは、

わんちゃんねこちゃんが寝てるとき、もしくは、誰かに前足をもってもらって万歳ポーズ、、、

 

71373

 

(ばんざーい♪)

 

前足の付け根から両手でそれぞれの乳腺をつまみ、

ゆっくりつまみなおしながら上から下に順に移動していきます。

 

unnamed

(もみもみ、、、って何すんねん!すごい顔がいやそう、、笑)

 

毛が多い子や小柄な子は、とても触りづらいのですが

根気よく、もみもみしてみてください。

乳腺の脂肪の中、皮膚の下、コリっとしたものが触れないかチェックをお願いします。

もみもみするのは、飼い主側にも癒し効果抜群ですね♪

 

特に猫さんの乳腺腫瘍は80%が悪性と言われています。

しこりを見つけた場合は、 早めのご相談をお願いします☆

 

 

トリミング室からのお知らせです☆

こんにちは(∩´∀`)∩

お久しぶりです、トリマーのもとおちです(‘ω’)

 

朝晩とぐっと冷え込んで、
秋の訪れを真正面から感じてしまう今日この頃。
バイクに乗っていたら、
もう冬じゃね?と思いたくなります。

みなさん、体調など崩してないでしょうか?((+_+))

 

今日も、トリミング室の近況を
ちらりほらりとお話しさせていただこうと
思います(●´ω`●)

 

なんと!今月から、新しいトリマーが
仲間入りしました☆パチパチパチ。。!

その名も。。村田さん!

村田さんは経験者のトリマーで、
今はイデアのカットに慣れるよう
とっても頑張ってくれています(*´ω`*)

お預かりにも出てもらっていますが、
明るくハキハキとやりとりしてくれるので、
見ていてとても気持ちがよいです(*^▽^*)

 

これからもどんどんカットしていって
もらうので、皆さま、どうぞ
よろしくお願いいたします☆

 

そして、トリミング室も今までと働き方が変わり、
夜の診察の最後までいることがなくなりました。

特別なことがない限り、午後5時半には
トリマーが帰ってしまいます。
ですので、それ以降にいただいた
トリミングのお問合せやご予約などは、
次の日のお返事にさせいただくことがございます。
ご迷惑をおかけしてしまうのですが、
お急ぎのトリミングのご予約やお問合せは、

午前9時~午後5時半

の間でお願いいたします

ライン@もこれと同じになりますので
ご了承くださいませ。
※ギリギリでのお問合せは、トリミング翌営業日での
お返事となることがございます。

また長々と書いてしまいましたが、
そんなところでしょうか(/・ω・)/

 

 

それでは最後に、

『仕事を上がって更衣室の扉を開けたら、へそ天のさびちゃんがいた』

を、ご覧ください。

IMG_1865[1]

 

では、変わらずたくさんのご予約

ありがとうございます(*^▽^*)

これからも、トリミング室をよろしく

お願いします(∩´∀`)∩!!!

トゥーグリップス(わんちゃん用すべり止め)のご案内

タイトルなし

* Toe Grips(トゥーグリップス)のご案内 *

 

おはようございます。獣医師の鵜飼です☆彡

イデア動物病院も開院から時期が経ち、常連わんこ達もだんだん高齢化してきたなぁと

スタッフで話をする今日この頃です。

愛犬が高齢になるにつれて、筋肉が落ち、腰が弱くなり、、、

フローリングで滑るようになってきた。。。痛そう、、、

そんな子たちにオススメのすべり止めを導入しました。

https://toegrips.com/  ←こちらが商品のHPです。

 

靴下タイプのすべり止めは脱げてしまう子が多いと思いますが、

こちらは、爪につけて床との摩擦を作るタイプのすべり止めです。

先日も黒ラブちゃんにご購入いただき、つけたら待合室でわかる程すぐに歩行が改善し、お母さまにも喜んでいただきました!

4C5F059B-6BD0-4567-AD70-6DF11A548EE5  7360E7EE-3973-4B78-877B-F5F38445F47F

↑ こんな感じで指先にゴムをつけます!つるつるの床でもすべりを軽減します。

 

サイズが複数あって、体格に合わせて取り寄せになりますので、ご希望の方はスタッフまでご相談ください。

shutterstock_1032964006

↑(靴下はぬげちゃうけど、これならいけそうだわん~~)

うちの子もすべってる!という方、ご検討ください♪

ワンちゃんネコちゃんに必要な予防について

暑さも和らぎ、過ごしやすくなってきましたね。

初めまして!

新人動物看護師の猪原です。

動物、飼い主様に寄り添い、気軽に何でも相談できる、そんな動物看護師を目指しています。

ジャックラッセルテリアが大好きです☆

これからよろしくお願いします!

 

早速ですが働き始めてから、
・予防が色々ありすぎて分からない
・どれを何月~何月まで予防しないといけないのか分からない

など、初めてワンちゃんネコちゃんを飼った方、長年飼っている方からもこのようなお声を聞くことが多い気がします。

 

そもそもなぜ予防は必要なのか??

かかってしまうと重症化する可能性のあるものからワンちゃんネコちゃんを守り、

元気に過ごしていくために予防は必要だと言われています。

 

そこで飼い主様の不安を解消するべく、予防のパンフレットを作ってみました!

IMG_7591[1]   IMG_7590[1]

 

4大予防と言われている

狂犬病ワクチン(犬のみ)、混合ワクチン、ノミダニ、フィラリアについて

なぜ必要なのか何月~何月まで必要なのかが分かるようになっています。

 

また、ワクチン接種後の注意点なども記載してますので、お家に帰ってからの指標にもしていただけると思います!

予防した日を記入できるカレンダーもセットになっているので、

「うっかり今月分忘れてしまった!」なんてことが少しは減るかも!?

 

実際に病院犬の銀杏くんも毎月予防を頑張ってくれています♪

銀杏くんが使用している表がこちらです。

IMG_7861[1]   IMG_7353[1]

 

いつ予防したか、何を予防し忘れているかが一目で分かりますよね。

診察や受付けにて無料でお渡しできますので、お気軽にスタッフまでお声がけください!

一緒に頑張りましょう!!

☆おうちでできる健康チェック☆ ①口腔内

おうちでできる健康チェック☆彡

こんにちは!獣医師の鵜飼です。

ご自宅で気づきやすいわんちゃんたちの異常について、時々ブログでご紹介しようと思います。

そんなの知ってるよーって方から、へぇーって方まで。

参考になればうれしいです♡

 

第1回 口腔内のチェック

TS0529003_TP_V

お散歩中のパンティング(ハァハァと口をあけてする呼吸)や

家でまったりしてるときの、可愛すぎる大あくび。。。

健康チェックのチャンスです!!

すかさずお口の中を覗いてみましょう!

 

お口の中を見て気づく病気って実は色々あります。

歯と歯ぐきの病気

犬は人と違って虫歯(齲歯)は少ないのですが、歯石が非常につきやすいです。

茶色い塊がついていないか、歯の付け根が赤くないか、臭いにおいはしないか

歯周病は早めに対処しておかないと、鼻血や膿瘍、あごの骨折にまで発展することがあります。

歯周病は各種犬種でひろくお見掛けしますのでよく見ておきましょう。

 

しこりができる病気

歯の付け根、はぐきにできものはないでしょうか? 口腔内腫瘍のチェックです。

特に大型犬やミニチュアダックス、シュナウザー、シーズー、トイプードルなど、大切なチェック項目になります。

下あごの先にできたしこりは見つけやすいのですが、

奥歯まわり、中のほうにできたしこりは大きくなって咬んで出血して初めて気づくことも多いです。

ミニチュアダックスでは、黒いしこりができることも多いので、見づらいけど怪しいなと思った段階で病院にかかりましょう。

 

舌の色でわかる病気

チアノーゼ、という単語を聞いたことはございますでしょうか

体に酸素が足りなくて、舌の色が青紫になる状態を指します。

特に舌の色を見ておかないといけない子は、短頭種や、気管の病気や心臓病の子達です。

特にいびきの多いパグやフレンチブルの子には要注意!

短頭種気道症候群といって、のどのトラブルで低酸素になり得ます。

体が低酸素に慣れて元気そうに見えても、色がおかしいかなと思ったら

携帯で動画を撮って動物病院へ行きましょう。

 

どうでしょうか。

ただのパンティングでも少し見え方が変わってきませんか?

ぜひぜひ日ごろから何気なく、お口の中もチェックしてあげてください♪

 

SnekoDSC03590_TP_V